蜂ん子

画像


画像


蜂違い。

どちらもカワユス(*´∀`*)

ところで、バンブルビーという言葉は、マルハナバチという意味もあるのだが、「ウルサイ」という意味もあるそうな。
リムスキー・コルサコフ作曲のFlight of the Bumblebeeは熊蜂の飛行、くまんばちの飛行と邦題が付いているが、これはミスで、正確には「マルハナバチの飛行」
TFのバンブルビーはブライトイエローだけれども、マルハナバチは黒いんだぜ。
温厚な性格で人はあまり刺さないらしい。針が無いとか。
ただ、羽音がブーーーン、ブーーーンとうるさいので、刺されそう!と恐怖心を煽るらしい。
マルハナバチの翅は小さいので、航空力学上有り得ない!とされて、不可能を可能にするという代名詞にもなったそうな。
今はレイノルズ数とか動的失速を考慮に加えた計算によって解明されているらしい。
何のことやら全然解らん。

スズメバチ以外は大体可愛い。うむ。

しかし、TFのバンブルビーは可愛いな!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック