Bluse Brothers

オススメ ミュージカル映画を紹介しよう企画第五弾(?)は超有名映画「Bluse Brothers」です。

ブルース・ブラザーズは映画名として日本では有名ですが、元々は米国のサタデー・ナイト・ライブという番組の一部なんです。
コメディ俳優でもある、ジョン・ベルーシとダン・エイクロイドをフロントにしたR&Bとブルースのバンド名です。
バンドメンバーと客演の顔ぶれの豪華さで一世を風靡し、映画化されたのがこの映画です。

もう、この映画は物凄く好きでして・・・
何かある毎に観てます。ええ、私が生きてきた年数と同じ年数観てるくらいです。大げさでなく。
ジョン・ベルーシはもう他界してしまいましたが、ダン・エイクロイドは健在で2000年にBluse Brothers 2000という映画が作られましたが、やはり元のこの映画が一番デス。
小太りのベルーシに比べてエイクロイドがすらっと背が高くて、絶対にサングラスを外さないクールな白人男性で、幼い頃の私は淡い恋心まで抱いたものですが、後年になってゴーストバスターズの小太りのオッサンがエイクロイドだと知った時の衝撃は物凄かったです。

そんなことはどーでもよく、早速紹介いたしましょう。

もう、あらすじを紹介することさえ放棄しているので、詳しいあらすじは各自で調べてたもれ。

孤児院を救う為にカーティス(キャブ・キャロウェイ)に諭されて行った教会のシーンより「THE OLD LANDMARK/GOD MUSIC」
クレオファス・ジェームズ牧師(ジェームス・ブラウン)の教えで「Sees the Light!」と神の啓示を受けるシーン。



お次はバンドを結成する為にかつてのバンドメンバーを説得してまわるシーンより、「BOOM BOOM/THINK」
マックスウェルストリートでジョン・リーフッカーが演奏し、ソウルフードという定食屋を経営しているバンドメンバーを説得するが奥さん(アレサ・フランクリン)に「考えろ、バカ!」と怒られているシーン。
小さいけれど日本語字幕入り。



お次は私が大好きなシーン。
何とかバンドメンバーを集めて、レイ楽器店に行くシーンより「SHAKE A TAILFEATHER」
レイ(レイ・チャールズ)が歌うこのナンバーは底抜けに明るくて大好きです。
ちなみに日本語訳すると「しっぽふりふり」or「尻尾振れ!」デス。



お次は何とか大きなコンサートを開くことに成功したんだけれども、色々なトラブルが重なってブルース・ブラザーズが大遅刻をしているシーンより「MINNIE THE MOOCHER」
カーティス(キャブ・キャロウェイ)のブルースが素晴らしいナンバー。
歌詞は物凄く切なくやりきれない世知辛いモノなんだけどネ。



お次は(最後です)色々やらかしたせいで、バンドメンバー共々刑務所にぶち込まれたシーンより「JAILHOUSE ROCK 」
監獄ロックに合わせて、キャスト紹介をしているんですが、超豪華メンバーが歌っているのデス。
必見。



こぼれ話をしますと、ジェームス・ブラウンとアレサ・フランクリンは同じ曲でも二度と同じようには歌えないという事から、歌の部分を別収録して撮ったそうです。
ソウルフルだもんねぇ。
キャブ・キャロウェイのシーンでは、名曲「MINNIE THE MOOCHER」を歌うんですが、キャブが何度歌っても中々OKが出ない。
キャブ自身はMINNIE THE MOOCHERが古い曲なので、新しく歌いなおそうとしたんですが、製作側から「昔と同じように歌ってください」と言われて、落ち着いたそうです。
2000では主人公のジョン・ベルーシ、カーティス役のキャブ・キャロウェイ、レイ楽器店のレイ・チャールズはもう亡くなっていましたが、それでもきちんと前作のとおりに出ています。

いやぁ・・・ちょこっと紹介するつもりが、殆ど紹介してしまった・・・
凄いな、Bluse Brothers。
お次は・・・・えぇっと・・・あ!私の大好きな監督、メル・ブルックスの作品をご紹介。


ブルース・ブラザース [DVD]
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
2006-04-01

ユーザレビュー:
前向きに生きる為の薬 ...
世界一有名な兄弟 誰 ...
You, you, ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック